お店について

お店の紹介

HOME»  販売和牛解説»  土佐和牛って?

土佐和牛って?

土佐和牛放牧

日本の肉用牛である和牛には、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4種類があり、それぞれルーツや改良過程に違いがあります。黒毛和種はほぼ全国的に飼養されていますが、その他の品種は飼養されている地域が限られており、地方特定品種と呼ばれています。 土佐褐毛牛(土佐あか牛とも言われる)は、そのうち褐毛和種高知系といわれるものの通称で、明治時代初頭に役牛として高知県に導入された朝鮮牛をルーツとしています。 一時的に外国の肉用牛であるシンメンタール種を交配したり、もとの朝鮮牛を戻し交配するなどの経過を経て、集団内の牛から優秀な個体を選抜するという品種内繁殖の方法により改良が進められました。 昭和30年代後半以降、和牛の価値がそれまでの役用から肉用へと転換し、産肉能力を主体とした改良が進められた結果、現在の土佐褐毛牛ができあがっています。 土佐褐毛牛の外見上の特徴は、毛色にあります。褐色の体毛色に加え、目の回り、鼻、角、蹄、しっぽの先などが黒い「毛分け」といわれる特徴は、同じ褐毛和種である熊本系には見られないものです。  夏の暑さや病気に強い、性格がおとなしく飼いやすい、足腰が丈夫で放牧に適している等、本県の気候風土や飼養環境によく合致した牛であると言えます。(高知県農業振興部から引用)

読んでいただけましたか?

そうです。土佐和牛は、韓国牛と関わりがあり

和牛界のヨン様なのです。(言い過ぎか!)

また、肥育頭数は4500頭とかなり少ない頭数で高知県以外での購入は難しいのが現状です。

もちろん、高知県でも黒毛和種も飼育されています。当店でも高知県産黒毛和種を扱っています。特に区別せず、同じように扱っておりますので、ご購入後、個体識別番号を問い合わせて頂くか、購入前にご指定ください。在庫状況・商品によっては、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。

土佐和牛放牧2

写真は、山本森林様所有地にて、放牧されている土佐和牛です。林業道として無数に張り巡らされた道を牛たちが歩き、草を食べ道路の保守をしています。自由にストレスなく放牧され牛たちはのんびり、今日も道の保守をしてくれているそうです。

【土佐和牛】のご購入はこちらから